メガリスの服用方法と注意事項

メガリス専門サイト

服用方法

1. 性行為の3時間前に服用しましょう

効果が長時間持続することが特徴ですが、薬の血中濃度のピークは、平均すると服用後3時間前後です。 その後、緩やかに血中濃度が低下し、効果は24時間以上持続します。そのため、前もっての服用をおすすめします。 (逆に、緊急の予定の場合は、メガリスはやや不向きです)

2.できるだけ空腹時に服用しましょう

食事による影響が低減されておりますが、やはり食事により体内への吸収が邪魔されます。 特に油分の多い食事を取った後は、非常に吸収が悪く、効果が減弱してしまいます。メガリスの飲み方として、他のED治療薬、バイアグラ系、レビトラ系と同様、空腹時に服用した方が、より効果的です。

食後に服用する場合、軽食であれば食後2時間程度あけてから、服用することをお薦めします。油分の多い食事の場合、可能な限り時間をあけてからの服用をお薦めします。

またお酒との併用ですが、適量であればリラックス効果が出て相乗効果が期待できます。

メガリスの服用は1日1錠24時間の間隔をあけましょう。

メガリスは30-36時間の持続時間を誇ります。しかし、シアリスの添付文書上服用間隔を24時間以上空けるようとしか記載されておりません(36時間以上空けるようにとは、記載されていません)。心配される方もいらっしゃるでしょうが、他疾患では、メガリスの成分であるタダラフィルは、毎日40mgの服用が認められております。副作用も許容できるものです。つまり、タダラフィル20mgを連日服用しても、特に重篤な問題が生じる可能性は少ないと考えてください。

服用前に必ずご確認下さい。

以下の内容にあてはまる方は、メガリス錠を服用しないでください。

  • 硝酸剤を使用中の方
  • 今までにメガリス錠を服用して過敏症(アレルギー)を起こしたことのある方
  • 心血管系障害などにより医師から性行為を控えるように言われた方
  • 不安定狭心症のある方、または性交中に狭心症を起こしたことがある方
  • 最近3ヶ月以内に心筋梗塞を起こしたことのある方
  • 最近6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血を起こしたことのある方
  • 不整脈のある方
  • 低血圧の方(最大血圧が90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満の方)
  • 高血圧の方(最大血圧が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上の方)
  • 重い肝障害のある方
  • 網膜色素変性症(進行性の夜盲、視野狭窄)の方