メガリスの副作用とは

メガリス専門サイト

気になるメガリスの副作用は?

メガリスは医薬品であり、服用したときの状況や体質などにより、副作用と思われる症状が出ることがあります。風邪薬でも同じことですが、メガリスも医薬品である以上、副作用が出る人や全くでない人がいますのでご了承ください。

顔のほてり
皆様のご相談の中では、飲んで効き始めるころの顔のほてり感を心配される方が比較的多いのですが、これは血管の拡張作用によるもので血流がよくなるためです。ちょうどお酒を飲んだときに血流がよくなり顔が熱くなって赤くなるようなもので、あくまでも、一時的です。
鼻づまり
鼻づまりの副作用も出ることがあります。こちらも、血管の拡張作用によるもので個人差はあるものの性行為に支障がない程度の副作用です。
頭痛
血管拡張作用により、脳の血流がよくなり頭痛を感じる方がいます。しかし、ほとんどの方が軽度の頭痛で薬の効果が消えるのと同時に頭痛も軽減していきます。
視覚異常
今のところ報告はないですが、ごく稀に重度の副作用で視覚障害があります。万が一このような重い副作用が起こった場合は、体質に合っていない可能性がありますので、すぐに使用を止め、医師の診断を受けてください。

このような、副作用が見られてもメガリスの効果が薄れてくるのと同時に、自然に副作用の症状もなくなりますのでご安心ください!!

シアリス系は副作用が一番弱い!?

バイアグラ、レビトラの副作用でお困りの方でも、シアリスでは副作用が弱く感じる場合があります。これは構造分子が違うためによります。
またバイアグラ、レビトラは比較的急速に吸収されるため、血中濃度のピークも速く到着し副作用も強く現れやすいです。しかし、シアリスは、なだらかに血中濃度のピークを維持します。分かりやすく言いますと、ジワジワ効果が出現するイメージです。 副作用に関してもなだらかな発生になります。そのためED治療薬の中で、もっとも副作用が弱く感じられると言われています。