ジェネリック医薬品とは?|メガリスの豆知識ブログ

ジェネリック医薬品とは?

最近よく目にする「ジェネリック医薬品」ですが、
ジェネリック医薬品とはどんな薬なのか、実はまだよく分かっていない人も少なくないのではないでしょうか。
ということで今回はジェネリック薬について調べてみました。

特許の切れた新薬と同じ有効成分で作られるジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に、同じ有効成分を使って製造・販売される医薬品であり、「後発医薬品」とも呼ばれます。有効成分名が同じ薬であれば、商品名が異なっていても、有効成分は同じものになるんです。
例:有効成分名:タダラフィル
   先発医薬品:シアリス
   後発医薬品:メガリス

先発医薬品との違い

価格が格段に安い!!

新薬の開発には、10~20年にもわたる歳月と数百億円もの投資が必要といわれています。このため先発医薬品には、長年の商品開発の対価として、20~25年は専売特許が与えられ、類似品が作られないよう法律で保護されているのです。

一方、先発医薬品と同じ有効成分を使って製造されるジェネリック医薬品の場合、既に先発医薬品で有効性や安全性が臨床試験などで確かめられているため、開発に要する期間は短く、研究開発費用も少なくて済みます。
さらに、薬としての承認の手続きも先発医薬品に比べて簡素化されているので、その分、価格を安くすることができるということです。

効果・効能は同じだけど…

ジェネリック医薬品の有効成分は先発医薬品と全く同じであり、効能・効果も変わりません。ただ、保存料や着色料といった添加物は各メーカーによって異なるため、製剤によっては大きさや味、においなどに違いがあったり、先発医薬品では解決できなかった副作用が出にくいように改良されたものもあるようです。