メガリスの成分について|メガリスの豆知識ブログ

メガリスの成分について

日本の病院で現在処方されているED治療薬は
バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。
メガリスはこのなかのシアリスのジェネリック医薬品で、
成分も効果もシアリスとほとんど変わらないんです。

メガリスやシアリスの成分は「タダラフィル」という物質で
勃起は陰茎に血液が充満している状態ですが、
この状態を妨げる「PDE-5」という酵素の働きを阻害するのがタダラフィルです。

タダラフィルは、自分の性欲が高まるに従い、
陰茎海綿体の血流を増加させ、勃起を生じさせます。
性欲の高まりがない場合、効果発現はございません。
つまり、意に反して勃ちっぱなしになる薬ではないのです。

この「タダラフィル」が含まれるメガリスは、
シアリスのジェネリック医薬品なので
シアリスよりも安く、安心で安全なので大変
人気が高い商品なのです。