陰茎硬度周径連続測定装置とは|メガリスの豆知識ブログ

陰茎硬度周径連続測定装置とは

今回は、EDの診断に使うための道具を何点か紹介してみようと思います。

陰茎硬度周径連続測定装置というものがあります。
これは本体に2つのリングが付いています。
そのリングをペニスの根元と亀頭と呼ばれる先っちょのほうに装着します。
このリングによって、夜間のペニスの動きを把握することが出来るという事です。
しかも詳細に記録することが出来ます。
これはなんかちょっと寝にくそうで変な感じなんでしょうね!

さらに、単に記録するというものではありません。
つまり受動態の検査装置ではないということです。
どういう事かと言いますと、リングを能動的に締め付けます。
その締め付けに対するペニスの動きというものを、記録することが出来るというものなのです。
さらに、同時に睡眠中の脳波や心電図を計測するものもあります。

ちなみにこの機会を使う場合にはやはり正確な数値というが必要です。
そのため、三日くらい検査入院する必要があります。
これはなんとなくいやな感じです。

しかし、ここで万が一EDが見つかっても治療することが出来ます。
その治療薬と呼ばれるものなんですが、
その治療薬の一つメガリスを当サイトではご紹介しております。