ジェネリック医薬品に対する疑問|メガリスの豆知識ブログ

ジェネリック医薬品に対する疑問

ジェネリック医薬品に対する疑問

ジェネリック医薬品とは、特許が切れた医薬品を、同じ有効成分でほかの製薬会社が製作した薬のこと。詳しくは、以前書いた記事のジェネリック医薬品とは?を読みなおしてみましょう。先発医薬品(新薬)に比べて価格が安いとはいえ、成分が同じなら効能も同じはずですよね。でも、本当に効果はあるのでしょうか?ジェネリック医薬品の価格や効果など、誰もが疑問に思うことだと思います。今回は、そのジェネリック医薬品に対する疑問を解明していきたいと思います。

先発医薬品(新薬)とジェネリック医薬品は、成分が全く同じなのですか?

A.有効成分はもちろん同じです。ただ、“添加剤”は異なることがあります。

しかし、先発医薬品と添加剤が異なることを”マイナス”的に語られることがありますが、それは誤解です。先発医薬品に特許があって、同じ添加剤を使用できない場合もありますが、添加剤が異なっても、有効性、安全性、品質が同等であることを科学的に証明した上で、厚生労働省の承認を受けております。
むしろ、最新の製剤技術を積極的に応用するために、添加剤を変えることもあります。

不純物の含有量が異なると聞いたことがあるのですが...。

A.異なることがありますが、十分な安全性を考慮した不純物含量の許容範囲内です。

厚生労働省の厳しい基準をクリアしたうえで販売します。インターネットで販売されている中国で作られている精力剤などは、価格が異常に安く設定されています。
そのような精力剤は、不純物が多く含まれていたり全く効果がなかったという報告もあります。製造環境も劣悪で衛生面に問題があり、成分も粗悪なもので作られてたりします。

本当に安くて安全で効果があるのなら、なぜもっと普及していかないのでしょうか? 日本人は特に安いものには敏感なはずなのですが、まだまだ誰しもがジェネリックという言葉を知っているというわけではありません。

それには、日本独自の皆保険制度の影響があると思います。

誰もが低い負担で医療が受けられる皆保険制度は、日本が世界に誇る制度ではありますが、安い薬剤を使用しようという意識が働きにくい制度でもあります。医療機関や薬局も患者さんへの説明の負担が増え、日本ではジェネリック医薬品を使用するメリットがなかったのです。

しかしジェネリック医薬品は、皆保険制度のない諸国ではもっと普及しているのです。高い薬品ばかりを使用できる国は存在しません。ジェネリック医薬品は欧米でも60%以上使用されており国民の生活の助けになっているのです。

日本でももっと効率化できる部分があるのではないでしょうか。