西洋医学の副作用について|メガリスの豆知識ブログ

西洋医学の副作用について

漢方の精力剤では、中国が生産地となっていると、中々使用する際に
悩んでしまうようです。

中国原産だと、少し前、段ボール餃子が事件になりましたね。
食品についても不衛生的な面は日本人に対してだけでしょうか…
それは、各国の市場でもあまり聞かない情報ですね。

ではED治療薬ならどうでしょう。
アジア系、西洋系でも、医学的な違いというものをご存じでしょうか?
東洋医学と西洋医学とでは、服用する趣旨は同じなのですが
東洋医学では、各人間の部位を全体的に治そうとするような服用療法を基本としています。
西洋医学では、人間の部位を強めようとするときに、服用し、副作用を出させるかわりに
他の部位を活性化させるということが西洋医学ではあります。

なので、副作用が出てくるということは西洋医学では、当たり前に考えられているのです。
当然、個人差での副作用が強い弱いとありますが、体調面をしっかりされると
軽く収まる場合もあります。
効果が強い弱いとまだ不安があると思いますが、そういった時は
1錠を半分にもしくは、3/1など、工夫して服用されるのもいいと思います。

そうすることで、体に合う薬か見極める方法としては、いいでしょう。
そんな中で、ED治療薬の中で、副作用が比較的に少ないのは、メガリスになります。

ジェネリック医薬品としては安く、そして、効き目もいいということもあり
定評があるメガリスです。