メガリスの副作用について|メガリスの豆知識ブログ

メガリスの副作用について

三大ED治療薬の一つであるシアリス。

シアリスに含まれる「タダラフィル」は、
シアリスのジェネリックであるメガリスにも含まれています。

シアリスは、驚くほど価格が高いのですが、シアリスジェネリックの
メガリスは、同じ効果で値段も安いのが嬉しいですよね!!

そして、このメガリスは、
バイアグラやレビトラなどに含まれる成分とは異なり、
食事の有無に関係なく服用することが可能で、
メガリスなどタダラフィルを成分としたED治療薬は効果が約36時間持続します。
バイアグラとレビトラが約4時間ですからその差は大きく、
これがメガリスの効果の最大の特徴なのです。

しかし…
シアリスにもメガリスにも含まれているこのタダラフィルには、副作用があります。

副作用にもいろいろな種類かあり、
「頭痛、めまい、消化不良、鼻づまり、腰背痛、目の痛み、筋肉痛等」
などが報告されています。

この中で、いちばん多いのが「頭痛」ですね。

しかし、シアリスのジェネリックであるメガリスは、
バイアグラ、レビトラに比べて副作用の出方が穏やかです。
副作用が出た場合でも、薬の効力が切れた後まで続くことはありません。
もちろん、副作用を感じない人もいますし、
その日の体調などにもよって出方が違います。

気になる症状が起こった場合は、すみやかに服用を中止し、医療機関を受診するようにしましょう。

バイアグラジェネリックやレビトラジェネリック、それぞれいろいろなEDジェネリックありますが、シアリスジェネリックが一番副作用が無く、効果も持続時間も良いため、多くの人に重宝されているんです。

詳しくは、メガリスの副作用にも記載してます。